歯医者さんに行くのは憂鬱ですね。
当院では明るい受付でやさしいスタッフがお待ちしております。
急な痛みやお困りの患者様は随時受け付けておりますが
皆様にお待ちいただかない様、予約制をとっております。
こちらが当医院の待合室です。
治療までの時間を
リラックスしてお過ごしください。

医院内にはいつも自然の花を飾り
患者さんができるだけリラックスできるよう
配慮いたしております。
歯科診療台は2台、顎の骨まで映るデジタルパントモX線装置、最新の炭酸ガスレーザー治療器
ホワイトニング用照射機、電動注射器、笑気鎮静麻酔器、インプラント手術機械など
先進歯科治療を行う設備がそろっています。
当院の診療ユニットには1台ごとにパソコンのモニターが設置されています。
デジタルレントゲンで撮影した画像や様々な説明を分かりやすく行います。
また診療に使用するタービン(歯を削る道具)は患者さんごとに新しいものと交換しており院内感染の防止にも努めています。
当院ではデジタルレントゲンを使用しています。
通常のレントゲンより格段に放射線の照射量が少なく(自然の放射線量と同じくらい)撮影後すぐに画像の確認もできます。
また環境にも配慮して現像液を使用しておりません。
レーザー治療器で炭酸ガスレーザーを照射することにより、口内炎、知覚過敏、歯質強化、膿瘍の切開、止血、抜歯後、手術後などの治癒を促進させるなどの、さまざまな処置に幅広く安全に使用しています。
鼻から吸引マスクで、酸素に適量の「笑気」という甘い気体を混ぜたものを吸うと、体が心地良く暖かくなりリラックスして治療が受けられます。
全身麻酔ではありませんから意識ははっきりしており、治療は普通に受けられ、ドクターやスタッフとの会話もできます。
注射麻酔と違い、麻酔後の違和感や痛みがありません。
直ぐに効き醒めるのも早いので、治療後も直ぐに運転ができます。
最新の「笑気吸入鎮静法」で安全に快適に治療をお受け下さい。
麻酔時の痛みを和らげるには、なるべく細い針を使って麻酔液をゆっくり注入する事が必要です。
しかし、針が細くなるとその分強い力が必要となり、力のコントロールがしにくくなります。
電動注射器を使えば、細い針でもゆっくりと麻酔液を注入する事が出来るので麻酔時の痛みを少なくする事が出来ます。
当院で使用しているホワイトニング用照射器は「ビヨンドシステム」といいます。
このシステムはホワイトニング先進国アメリカで開発された、最先端のオフィスホワイトニング(診療室で行うホワイトニング)です。
歯の表面にホワイトニング剤を塗り、光を当てるだけで白い歯になります。
ビヨンドシステムに使用されるホワイトニング剤の主成分は過酸化水素で安全なものとして使用されています。
またビヨンドシステムは一部のオフィスホワイトニングで使用されているような、紫外線や高温の刺激の強い光は使用していません。
ホワイトニング先進国のアメリカでは、すでに数百万人の方がビヨンドシステムで歯のホワイトニングをしています。
十分に実績のあるホワイトニングシステムです。
当院は広島ではいち早くこのシステムを導入しました。
コーヒー、紅茶、タバコによる着色だけでなく、抗生物質による歯の変色、老化や遺伝による黄ばみにも一定の効果があります。

ホワイトニングとは?
・インプランターNEO
インプラント手術に使うマイクロモーターで、顎の骨を安全に削ったりインプラントを埋め込むのに使用します。
・インプラントドリル
顎骨を安全に削る為の専用のドリルです。
・オステオトーム
ソケットリフトを行うための特別の機器です。

※インプラントとは?
インプランターNEO
TAKAHASHI DENTAL CLINIC